生活

2010年6月 1日 (火)

開けっ広げ、のびやか、のびのび、あるがまま

最近「明日死ぬとしたら、どんなことをしたい??」とか「明日死んでもいいように生きているから」という友人知人の言葉を聞いて、8年前のスウェーデンでの夏を思い出した。スウェーデンのど田舎で、湖と谷と森が、形容する言葉もないほどきれいな場所に住んでいた頃のことを。当時は「コレクティブ」といって、数人のスウェーデン人と共同生活を営んでいた。そして共同生活をしていた一軒家から歩いて5分ぐらいの場所に、学校の実践教育の一環として野菜やハーブをみんなで育てていたという、スーパーナチュラル+シンプルな生活をしていた。スウェーデンの夏は、当時はやや北の方にいたこともあって、いちばん暑くてもわたしにはちょうどいい快適な温度に思え、こんなに涼やかに農作業ができるなんてすてき、と思っていた。だけれど、スウェーデン人にとって25℃を超えて農作業をこなすことは相当つらいようで、みんな畑仕事のあとは大体近くの湖で泳いで汗を流していた。じゃぼん!とばかりに、男女共に真っ裸になって冷たい湖にわいわいと飛び込む。私自身はこんな白昼に野外で、しかも男性もいる中で裸になるなんて、いくらスウェーデンにきて多少「旅の恥は掻き捨て」状態になっているとしてもあり得ない!!!!!と最初は思っていたのだけれど、みんなはこの上なく気持ち良さそうにきらきらと太陽の光を反射した湖の中で泳いでいる。スウェーデンでは、裸になることにそこまで抵抗感がないように思える。もちろん、私のかつてのコレクティブ仲間のように湖で真っ裸で泳ぐのは田舎だからこそできることだけれど。そこには全裸であるからといって、いやらしさの欠片もなくて、ただ単純に太陽と湖の恩恵を全身で受けている、開けっぴろげな笑顔のひとたちの姿があるばかり。最後には羨ましくなって、私もじゃぼんと飛び込んだ。なんと、気持ちのいい!!その時の気持ちよさが、前述の友人知人の「明日死ぬとしたら・・」の言葉によって思い出され、人生最後の日に、体も心も真っ裸で湖や海でみんなと泳ぐのも悪くないかも・・と思った。わたしにとって、裸になることというのは、完全に解放されているとか、心を許しているとか、安心して信頼しきっている、ということと同義であると思う。そして、日常生活では体はともかく、心を裸にした状態で、のびのびとそれを他のひとにも表現することができたらどんなに気持ちいいかと思う。赤ん坊のような、あるがまま、開けっぴろげな笑顔や表情でいられたら。そう思う反面、それを妨げている、感情や心のあり方や、心の枷はなんなのだろう・・何歳くらいから表情を「作る」ようになったのだろう・・とか、改めてそういうことを考えてみると、いろいろな気づきがある。自分のいろんな面や年代を観察することによって、そういう「枷」が見えてくる。それを観ることによって、また一歩ずつ進んでいくことによってさらにまた他の何かが見えてくる。年を重ねるということは、人生を生きる知恵を得るということと同時にいろいろな言い訳や枷も増えていくことだけれど、うまいことその枷に気づいて意識して、そしてバランスよく心を裸にできたら楽しいだろうなあ・・・・・・・・あ、なんか話がずれちゃった(*ノv`)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月20日 (木)

ラテン・ピープル♪

去年くらいから、わたしの人生に少しずつラテンの風が吹き始めている
スウェーデンで、なぜかイタリア人のシルビアとシェア生活をしたことから始まって・・・シルビア経由でラテン・コミュニティーに入り、ストックホルムのスパニッシュ・バーに行き、アカデミックなスペイン人やバスク人やコロンビア人と知り合い、食事をしたりダンスに行ったり・・イタリア語のスラングや歌を覚えたり・・
いやいや、その前の年のクリスマスに友人とポルトガルのリスボンに旅行に行ったことから始まったのかな・・、だんだんとそして着実にラテンが私の生活に押し寄せている。今年になって、日本に帰国することになり「あ〜これでしばらくラテンとの付き合いもないのかな・・」と少しさみしく考えていたところ、なんと帰国日のその夜、成田から東京に向かうバスの中で、日本ツアーで来日したローマ出身ギタリストに道を聞かれ、そのままともだちになったり。そして半コロンビア人の友人とサルサを踊る機会があったり、現在住んでいるアパートにイタリア人が引っ越してきたり・・。

なぜか彼らからは、太陽のパワーを感じる。「動」というパワー。人懐っこくて無邪気で、オープンに感情を曝け出し、音楽を聞けば自然に体が動きだし、真剣に恋愛し、ともだちや家族や知り合いやとにかくなんでもいいからグループで、大勢でわいわいしていることが大好きで、意外にシリアスできちんと働き、でも10分の遅刻は遅刻ではなく・・、そんな遊びも仕事も恋もフル回転な、ラテンの多面性をもっと知りたい。そして、自分の中に眠っている「ラテン性」を開花させたいな〜さらに、日本の中に眠っている「ラテン性」を発見するのも楽しいかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月12日 (金)

縁という言葉は不思議。スウェーデン語ではこれに代わる訳ってあるのかな??いまのところ見つけられていないけれど・・・。そんな、言葉の訳さえ存在しないこの国でも『縁』は確実に存在して、そしてわたしはここで、たくさんのご縁をいただいている。
最近のご縁としは、長くスウェーデンと日本をまたにかけ活動する「持続可能なスウェーデン協会」のレーナ・リンダルさんやスウェーデンでのエコツアーを企画しているアクティブな麻シェフアピースさんアキコさんにいただいたご縁はマルメ在住のアーティストyokoちゃん、座禅に誘ってくれたダーヴィッド、PC嫌いなイタリア人、素敵なゲイのファッションデザイナーたち、飛行機内で知り合ったエンジニアのサラ、囲碁の打てるスウェーデン人、物理学を研究するコロンビア人、菌類学者のスペイン人・・・ほんとうにほんとうに、いろいろな出会いというのはおもしろいものです。すべての出会いにサンキュー!ありがとう!グラッツェ!タック!グラシアス!過去の出会いも未来の出会いも、いやなひともすきなひともすべてありがとー(奥田民生+井上陽水の歌みたいだな・・)ときどき、こうやっていろんなご縁をいただいて生きていることを忘れている自分に、カツ!!これからもどうぞよろしく!ハッピー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月31日 (土)

そのまま

最近『そのまま』でいることの楽しさを実感している。自分の不完全さや曖昧さ、怠惰、不安、苦しみや悲しみとかの裸のきもち、そして、嬉しさや楽しさや幸せな気分、なんとなくうまくいっている感じなど、ぜーんぶぜーんぶ含めて、なんとなくそれで完全のような気がして、そうやって考えるとなにもかもが愛おしい。全部あってこそ、パーフェクトなんだから、不安になる必要はなくて、毎日をただひたすら楽しめばいいんだ、って気がする。自分というひとの中のいいとこも、悪いとこも、全部楽しむ。。今日も最後は笑って終わる明日はなにしよう?どんな発見がある?今夜はどんな夢をみるんだろう?とにかく楽しみでしょうがない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年9月28日 (月)

ガムラスタン

これが2週間前の昼休みの時の風景・・ストックホルム、ガムラスタン(旧市街)大広場。この日は楽隊が賑やかに演奏するのを聞きながら太陽の中でランチ。画像では半袖が大半だけど、先週くらいからさすがに秋コートのひとばかり。


1

この大広場は歴史的にもストックホルムの血浴があった場所で、ノーベルミュージアムもあったりで、観光客も多い。500年くらい前にそんなことがあったんだな〜と思うと、少し怖いような、凄いような。500年後の今は、ノーベル・チョコレートを買った多国籍な観光客であふれ、歴史的な建築物の中にレストランあり、セカンドハンドあり、ゲイカフェあり、と不思議な空間になっている。


2

上の画像で写っている、夏の間何回かお世話になったアイスクリーム屋は今日はもう姿を消してしまった。ほんとうに、夏が終わったんだということを改めて感じる。終業後ガムラスタンからスルッセンまで歩いて友人とフィーカ。給料日後のストックホルムの日曜夜はいつもよりひとが多め

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月20日 (日)

街歩き

せっかく街の中心に引っ越したので、街歩きを楽しんでみることにした。
少し離れたkonsumというお気に入りのスーパーまでお買い物に。歩いて3秒くらいの場所にもスーパーはあるのだが、konsumはエコ商品の充実度が高い。

このうさぎ、何者?
6


7

8


歩いているうちに暗くなってきた。
最近のあいさつは「もうすぐ冬だね〜〜」。北欧ならではだけど、なんとか冬を楽しむ方法を考えよう。。例えば、あたたかい飲み物、とか?編み物、キャンドル、雪・・・


9


今週から映画館での上映がはじまった、『ポニョ』のポスター。一年遅れでやっと。

12

今日は新月。
また新たに今日からはじめることや自分の願いをはっきりさせるチャンス。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年6月16日 (火)

もうすぐ夏至・・・

新月にむかっている今日この頃。
このあいだストックホルムに引っ越してきたばかりと思っていたら、今週末にまた街内でお引っ越しここで長期住めるアパートを見つけるのは、とてもたいへん。でも、ラッキーなことに今住んでいるところも、今度引っ越すところも、陽の光がたっぷり入るとても素敵なアパート。

今日は夕方頃、ともだちが働いているカフェに行ってNと珈琲を飲む。とても落ち着くし、テーマや来ているひとたちも内装もいいし、食事もベジが多く美味しいのでよく来る。今日はカフェラテとkladkaka今日の夕方の気温は10℃くらいしかないのに、久しぶりに太陽が照ったので、みんな膝掛けをしてオープンカフェの外席に座っている。もう、根性で座っているとしか思えない。Nも太陽の中を散歩したいというので、早々にカフェを出る。太陽Loveなひとびと

多国籍なひとびとが歩く、ストックホルムの街。
北欧系、東欧系、アメリカ、アフリカ系、イギリス、南米、トルコ、南欧、アジア・・東京もたくさんの国籍があふれているけれど、ここはしっかりと移民として暮らしているひとが多い分、また違う空気が流れている。

今週末は夏至。
引っ越し祝いを兼ねて、密かに夏を楽しむ予定。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年6月 3日 (水)

日々

ストックホルムでの日々、かーなり満喫中
夏至が近づくこの季節は一年でいちばんみんなウキウキしている時。
日に日にだんだん明るくなって、夜がなくなる、もっと北の方では白夜になる。今日のストックホルムの日の出は3時43分、日の入りは21時56分。夜の21時なのに、夕方の17時くらいの気分になってしまう。
晴れていると、たくさんのひとが夜の21時くらいまでずーっと外の芝生やベランダでのんびーりひなたぼっこしている。高校の卒業式もこの季節で、街を歩いていると、卒業生を荷台にたくさん載せたトラックが大騒ぎしながら通り過ぎて行く。不思議な伝統?行事だ

「落ち込むこともあるけれど、私は元気です。」ってキキの言葉を思い出す。でも、スウェーデンの夏、最高!幸せだーー。


1


2


3

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年5月18日 (月)

ストックホルム!!!!

あさっては、いよいよストックホルムに引っ越し!!
この島での最後の日々を楽しもう

1


3

4

5

6

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009年4月19日 (日)

白樺樹液採取の旅。

ひさしぶりに学校に来ていたキルスティが白樺の樹液をとりに行くというので、連れて行ってもらった。

幹に穴を開けて・・
8

さらさらと樹液が流れる。
9

お味は、すっきり+ちょい甘。
11

vitsippa (Anemone nemorosa)この花を見るとなぜか私はアストリッド・リンドグレーンのローニャを思い出す。
春ですね!
13

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧