時間

2011年3月 4日 (金)

A ROSE IS A ROSE IS A ROSE– but it gets better -

おお、スウェーデンから帰国してからあと1ヶ月半で1年。月日は流れていく。昨日も今日も、明日も。最近の傾向としては、何もかもをシンプルにしていこうという動きが自分の中にある。ちょっと前まで「あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ」という次元にいたけれど実は「いちばん大切なこと」ってあんまりないんじゃないか。。っていうことを考えている。わたしにとっていちばんたいせつなことって「自分の中の愛や美」をなんらかのかたちで、自分自身やまわりのひとに対して表現すること。ただじぶんの中で物足りなく感じているのは、わたしの表現方法として、独特もしくは単刀直入な表現になりやすくて、日本語だとうまく表現できなかったり、逆に「おっと〜」とブレーキをかけられたりすることがあること。まあ、どうやって表現していくかは、一生かけて試行錯誤していくものなのかも。そんなことやいろいろな身の回りの出来事から、「愛する」ってことを恋愛云々だけよりも、もっと深く考えることが最近多い。結局ひとを愛することとじぶんを愛することの境目なんてあんまりなくて、やっぱり自分への愛に立ち返らなくては駄目なんだ・・ってことをここ数年で学んでいる気がする。たとえじぶんのことを愛していて肯定しているつもりでいても、他人から拒否されたときや非難されたときとか何かとても感情が動くことがあると、じぶんへの愛が足りないんだって思い知らされる。そして日々の中でも相変わらず、未だに腰の重いじぶんにがっかりしたり、人と比べて焦ったり、何かを見つけきれていない、集中しきれていない状態にいらいらしたり、待ち姿勢でいる自分に気づいているのになにもしなかったり、そんなことを繰り返している自分に更に呆れたりしている。だけれど、日常生活の中の細かいシーンの中でいろんな前進を密やかにしている自分にも気づく瞬間がある。他人からの非難のことばを必要以上に感情的にならずに、自分の成長の糧となることばとして、或る意味貪欲に受け止めている自分がいたりする。そう、以前はできなかったことがある日ついにできるようになっている。でもそんなちいさな「前進」を振り返ることなくこの一年くらいばーーーっときてしまったので、ここはひとついまの状態を自分なりに客観的に見直す時期なのかもしれない・・。突っ走ってきた日々を振り返り、学んだことや得たものをじっくり味わう。
オノヨーコがつぶやいていたことばは、いまのわたしにとてもぐっときた。じぶんのことを誇りに思っていない、じぶんのことを愛せないじぶんに気づいたときも、それでも諦めないで、水を与え、害虫をとり、陽のあたるところに移してあげたり、元気のない葉っぱをとったり、せっせせっせと忍耐強く、育ててみよう。「前進」したら「あさがおの観察日記」みたいに「今日は双葉が出ました」とか、いちいち気づいてみよう。たまにはちいさくなった鉢を変えてあげたり・・・
あ、そういえば、今日はひな祭りだった。「女の子の成長を祝う日」もう子供ではなないじぶんの成長に責任があるのは、じぶんだけだということを静かに祝って今日はもう寝ましょう〜。

A ROSE IS A ROSE IS A ROSE
– but it gets better -
Don’t ever give up on life.
Life can be so beautiful, especially after you’ve spent a lot of time with it.
Because then, life becomes like a lover you have been close to for so many years.
You know it/him/her so well, and yet every day it/he/she gives you a surprise.

As the fox said in “The Little Prince”, ‘You’ll understand that yours is the only rose in the world. Because, it’s the time you spent on your rose, that makes your rose so special.”

My first reaction was, “what if the thing or the person I spent time on, my rose, simply was not with me anymore? Does it mean that I wasted my life?”

Then, suddenly, I became aware that my rose, the one that stayed with me the longest, the one I gave water to for the last 71 years, was me!

So be patient with your rose ’cause it just gets better and better.
Remember, it is your rose, and nobody else’s!

I love you.

Yoko Ono
for Valentine’s Day 14th February 2011

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月22日 (月)

無理をしない。

スウェーデンにいて常々思うことは、日本に暮らしていて予期できる反応や出来事や言葉と違うものが返ってくることがしばしばあるということ。「えーー!!それ、ありえませんから」「ひょえー」「まじ!?」という言葉を心の中で思うことは、週に何回かある。何か行動を起こしたときのリアクションが予期できない場合/あるいは慣れていない場合、気をつけることはひとつ。こちらの体力や気力を最大限に使うことになるので、普段からできるかぎり自然体で暮らし、いざという時(笑)に備えること。つまり無理をしないこと。自分にうそをつかないこと。これは今回の滞在で、私が目標とするスタイル。今日はだめだ〜、疲れた〜と思ったら、なるべくのんびり過ごすでも自然体って結構意識しないと、わりとむずかしい。大抵は知らないうちに体を無視して、無理している。でも、いまは毎日意識して過ごすようにしている。自分の体に「今日はどうですかね?」と聞いてみると、「いや〜〜、今日はちょっとマッサージを受けたい気分だね」とか「あんた、昨日食べ過ぎじゃないの?」とか「のどが痛い」「足が冷えてる」とか「今日は絶好調!!」とかいろいろ答えが返ってくるので、「はいよー」とおとなしく従う。無理して何かをするよりも、結構それがいちばん近道だったりする。ちゃんと気をつけて「今日はどうですかね?」を繰り返すと、ほんとうに毎日状態が変わるので、こうやって、いちにちいちにちの自分の変化を観察することがおもしろい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年9月 8日 (月)

HAAAAJK

今日からはじめてのクラス旅行。2泊3日でSkinnskattebergという場所に行く。日本の旅行のようなイメージで今日ヤンネに明日は何があるの??と聞いてみたが「特になにも〜。自然の中でのんびりして、みんなで話をして、お互いをもっと知ることくらいだよ。」という。「何もしないこと」はスウェーデンで学ぶことができることのひとつだと私は思っている。みんな、夏は太陽の下で何もせず寝転がり、何時間でも陽の光を楽しんでいる。みんなで、一緒にごはんを食べて話をして、笑ったり、時には大笑いすることができれば、他になにが必要なんだろう・・・??と、わたしも時々思う。忙しいひとは、結局忙しくしたくて忙しくしている。それはそれでひとつの生き方。その生き方を選択した自分にうそをついていなければ。私も忙しくしたい時もある。同時にわたしは、時々こんなふうに、立ち止まって、ともだちと一緒に笑ったり、ただ何もしない贅沢を楽しんでいたい・・ああ、贅沢な時間!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 7日 (金)

時間の使いかた

朝型に憧れる。
いつも目覚まし時計は5時にかけている。例え月に二回くらいしかその時間に起きられなくても、構わず5時にセット。というのは、やりたいことがたくさんあるので、その時間を確保したいから。

『時間の使いかた』というのが今の私のテーマのひとつ…

最近二回ほど訪ねて、気に入った喫茶店の時間の提示の仕方は、静かだが激しい。各テーブルのメニューにはこのような言葉が書いてある。
「コーヒーをいれるのに時間がかかります。時間のない方は今すぐ退散」
凄く、潔い。
言い方は厳しいが、ある意味中途半端に待たせない分親切なのかも…

ここのマスターは、忙しい(と思われる)東京人の時間の使い方にちょっとした波紋を投げかけている。この言葉を見て「なんちゅう店だ!!これが客に対する態度か?」と思ったり「時間がかかる分しっかりとコーヒーを淹れてくれるんだな〜」と思ったり人それぞれ自由だ。

でも言葉通り、確かにコーヒーは待つかいあり、しっかりと美味しい。ちゃんとそこにひとがいる、という感じ。

この間の満月には、うちの六畳の居間に9人ほどが集まり、満月の日のfikaをした。
とにかく楽しく暮らすことにかけては任せて!、というひとたちが集まり、お喋りと美味しいたべもの、そしてもちろん満月だってちらっと鑑賞して、特別に綺麗な満月の夜のfikaをみんなで楽しむ。
こういうのは、とっても必要な時間。
ともだちと、他愛ないけど嘘のないお喋りと美味しい食事…そしてお月さま!

そういう時間を持てたことが凄く嬉しかった♪楽しむための時間って、実は自分次第でたっぷりあるんだな…と思った夜だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)